診療案内 クリニックの紹介 交通案内 お知らせ 健康サポート
大阪府堺市美原区 医療法人森クリニック

トップページ > お知らせ > ヘルシーサロンご報告

お知らせ

ヘルシーサロンご報告

平成25年5月23日(木曜日)14:00〜15:00、森クリニックのロビーにて、第20回ヘルシーサロンが開催されました。お天気にも恵まれ気温も上昇。昼間は動くと汗ばむくらいの午後となりましたが、12名の方にご参加頂きました。今回から、看護師による講義も設け、内容もリニューアル。パワーアップしてさらに充実した教室を目指しています。

 

今回のテーマは『脂質異常症』です。

脂質異常症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)が異常値になることを言います。放置していると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気を起こしやすくなりますが、自覚症状がないため、放置している人も多く、患者数は予備軍までふくめると2000万人を超えるほどです。しかし、その中で病気を自覚している人はわずか3割程度と言われています。

最初にスライドを使って、看護師による病気についてのお話です。脂質異常症ってどうしてなってしまうの?なったら、どんなことに気をつけたらいいの?治療には、どんなものがあるの?日頃、なかなか聞けないことなども含めてのお話でしたがわかりやすい説明で、和気あいあいとした雰囲気でした。

 

続いて、食事についてのお話です。まずは体に合ったエネルギー量をそれぞれ計算してもらいました。食べ過ぎや運動不足によって行き場のない栄養は体の中に蓄積されてしまいます。それが内臓脂肪型肥満や脂質異常症を引き起こす原因となったりもします。食べ方に工夫をすれば、体への無駄な貯金をすることもなく脂質異常症の改善に繋がりお腹周りもスッキリさせることも可能です。普段、食べ過ぎではないと思っていても意外とそうではなかったり。そしてそれをどのように改善すれば良くなるのかなど食べ方のポイントを説明致しました。参加者からは、「知らなかったこともあったので参加してよかった」「食生活を見直す良いきっかけになりました」などの嬉しいお言葉も頂き、教室開催の励みとなっています。ありがとうございました。

スライドの一部です ↓

脂質異常症の治療には薬、運動、食事療法がありまずは、食事や運動などの生活習慣を見直し改善するところから始めます。 アザラシを主食とするイヌイット人が、心筋梗塞を起こす率が低いのは魚の脂肪に含まれるEPAが関係しているようです。 それぞれの体格や活動量に合った必要エネルギーを電卓を使って計算してもらいました。

ヘルシーサロンでは、教室の合間にブレイクタイムを設け、管理栄養士が考えた「低カロリーのこだわりおやつ」と、「美味しいお茶」をご用意させていただいています。今回のおやつは「豆乳わらびもち」豆乳に含まれるイソフラボンは、コレステロールの上昇を抑える効果があり、今回のテーマにあわせて豆乳を使ったわらびもちを作ってみました。もうひとつのこだわりは、いかにカロリーを抑えるかということ。大好きなおやつだからこそ、カロリーをあまり気にしないで楽しみたいと思いませんか?今回のカロリーを抑える工夫は「舌で感じる」です。食べる前に黒みつを適量かけることにより、口に入れた瞬間、舌の表面で甘みをとらえる感覚。それが甘いという実感となります。甘味は黒蜜だけで、他は一切砂糖を使用していません。参加者からは、「スッキリした甘みで美味しい」「やさしい味」と好評でした。ちなみに1食分40キロカロリーで市販のわらび餅の約半分です。

※ レシピは受付でお渡ししています。

 

お知らせ一覧に戻る

大阪府堺市美原区 医療法人森クリニック